村雨辰剛さんが演じるウィリアム・アダムス(三浦按針)はどんな人?【どうする家康】

三浦按針 像の画像
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大河ドラマ【どうする家康】村雨辰剛さん演じウィリアム・アダムス(三浦按針登場していますね。

ウィリアム・アダムスイングランド人航海士ですが、過去大河ドラマではあまり取り上げられた人物ではないことからご存知でない方多いのではないでしょうか。

今回はウィリアム・アダムス三浦按針)について紹介します。

スポンサーリンク
目次

村雨辰剛さんが演じるウィリアム・アダムス(三浦按針)はどんな人?

*ウィリアム・アダムスの生い立ち
・イングランド名:ウィリアム・アダムス
・日本名:三浦按針(みうら あんじん
後に船舶を建造した功績で旗本に取り立てられ日本名に改名
・生年月日:1564年9月24日
・出生地:イングランド(イギリス) ケント州 ジリンガム
・死去日:1620年5月26日

*ウィリアム・アダムスの家族構成
・妻:メアリー・ハイン、お雪?
メアリーはおそらくイングランドにいる妻、お雪は日本在住時の妻

・子供:デリヴァレンス、ジョン、ジョゼフ、スザンナ
デリヴァレンスとジョンはメアリーとの子供ジョゼフとスザンナはお雪との子供

村雨辰剛さんウィリアム・アダムス三浦按針)を演じていますね。

余談になりますが、村雨辰剛さんNHK番組「大奥 医療編」蘭学者となる青沼役好演していて話題となっています。

【どうする家康】でも流暢日本語喋られるのではないかと思います。

ウィリアム・アダムス具体的徳川家康何をしたかと言うと、1600年関ケ原の戦い起きる前半年前西暦での4月29日)に日本漂着し、当時 難航していた朝鮮出兵後対外関係について家康相談役となっています。

外交顧問として家康から信頼され、船舶建造などで功績賞されてからは旗本にも取り立てられ領地与えられています。

日本名この時功績改名したようですね。

スポンサーリンク

¥1,320 (2024/02/08 16:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ウィリアム・アダムスについて幾つ紹介します。

青年時代は海軍に所属していた!

ウィリアム・アダムス船員だったようですが自身12歳になる亡くなったようです。

航海術興味を持つわけですが、おそらく船員だったことも影響しているのかもしれません。

死後故郷12歳という少年の身ロンドン移り船大工棟梁弟子入りします。

24歳あたりの航海術興味があったことから海軍入隊し、貨物補給船船長として海戦赴いています。

ウィリアム・アダムスには2人の妻がいた!

ウィリアム・アダムスには2人います。

初めの妻イングランドにいた海軍入隊して翌年結婚したメアリー・ハインです。

彼女とのデリヴァレンスジョンという2人子供がいます。

2人目日本漂着した結婚したお雪?という女性です。

彼女とのジョゼフスザンナという2人子供がいます。

ジョゼフウィリアム・アダムス亡くなってからは家督2代目三浦按針みうら あんじん)を名乗っています。

何故イングランドにいると思われる妻がいながら日本娶ったのか?疑問感じられるかもしれませんが、問題家康にあると言えます。

日本漂着してからウィリアム・アダムス引見した家康他国通訳ができることから外交使節有能な人物見られていたのだと思われます。

過去豊臣秀吉命令唐入り朝鮮出兵対外政策悩まされていた家康彼の手腕必要感じ祖国への帰国許さなかったのでしょう。

ウィリアム・アダムス海軍除隊してからはロンドン会社航海士船長として勤務していますが、多忙なことからあまりメアリー子供たち接すること少なかったようです。

それでも帰国願い出しているのですから、余計祖国帰りたかったのでしょうね。

家康国益のためとは言え酷な事をしています。

ウィリアム・アダムス日本漂着した自身家康救われていますから文句言えなかったのだと思われます。

スポンサーリンク

航海は困難なものだった!日本に漂着しても困難だったが?

ウィリアム・アダムス日本漂着する約2年前1598年6月24日)にリーフデ号乗船して航海したのですが、とても困難なものだったようです。

元々ロッテルダムから極東目指す予定でしたが、他国スペイン船インディオなどの襲撃にあったり寄港先での流行り病などで命を失う船員が多くいました。

日本漂着したにも困難拘束されて、イエズス会宣教師たちから処刑要求されていたようです。

少し疑問に思うのは何故、この時期宣教師がいたのか?疑問ですね。

豊臣秀吉既に亡くなっていますが、以前バテレン追放令出されていたので何故彼らがいたのか分からないですね。

ウィリアム・アダムスらと引見した家康宣教師たち要求無視して彼ら拘束救っています。

先ほどにも記載しましたが、祖国への帰国許されませんでしたが、俸給などを与え江戸留まっていますし船舶建造外交顧問として功績があれば、それにも報いています。

家康ウィリアム・アダムス2人の経緯見る「家康は国益のため」「ウィリアムは命を救ってくれた恩人のため」という感じなので意外にもお互い信頼していたのではないでしょうか。

家康だけが一方的信頼していたわけではないのかもしれません。

家康亡くなる2年前1614年)にウィリアム・アダムス祖国帰国できる可能性があったようです。

日本漂着でリーフデ号に積まれていた物が関ケ原の戦いで役だった可能性がある?

余談になりますが、ウィリアム・アダムスらが乗船していたリーフデ号には関ケ原の戦い役だった物があるというがあるようです。

船員拘束した時リーフデ号積まれていた弾薬火縄銃大砲没収されています。

関ヶ原の戦い大いに役だったのは大砲であるそうです。

中々寝返らず動きのない小早川秀秋の陣営目掛け大砲打ち込んだ説がありますよね。

この大砲リーフデ号から没収した大砲である可能性があるようです。

ただ、あくまで諸説なので実際家康小早川秀秋陣営目掛け大砲打ち込んだのか分からないところです。

祖国に帰国できる可能性があったけど?相手と反りが合わなかった!

ウィリアム・アダムス祖国帰国できる可能性があったようですが取りやめたようです。

祖国帰国しなかった理由は下記の通りです。

1614年(慶長19年)のクローブ号帰還の際には、一緒に帰国できる許可が日英両方から出たが、同船司令官のジョン・セーリス馬が合わず、帰国を見送った。セーリスは何事も日本式を強要するアダムズが気に入らず、アダムズはセーリスを生意気で無礼な青二才として嫌っていた。』

引用:ウィリアム・アダムス 改名より「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」

日英両国から祖国帰国できる許可得たというのに何か勿体ない感じがしますね。

14年間日本在住して、ようやく帰国できるというのに年下司令官嫌い我慢できなかったというのは何とも言えないですね。

日本式拘るところからして、ウィリアム・アダムス日本長年在住したことで、いつの間に日本かぶれになってしまったのかもしれないですね。

帰国見送ったとありますが、この帰国をする機会訪れませんから無理にでも我慢して帰国すべきだったと個人的に思います。

因みにウィリアム・アダムス6年後1620年56歳くらいで亡くなります。

スポンサーリンク

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

改名した日本名について

ウィリアム・アダムス船舶建造功績として250石旗本となり、相模国逸見現在の神奈川県横須賀市)の領地与えられています。

この三浦按針みうら あんじん)という日本名改名します。

姓名三浦領地の地名にある三浦郡から、下の名按針ウィリアム航海士職業から名付けられたようです。

水先案内人という意味があるそうですよ。

ウィリアム・アダムスの2番目の妻 お雪は出自や名前が定かではない?

2番目の妻 お雪出自名前定かではないそうです。

家康御用商人であった人物されていたそうですが定かではないそうで不明のようです。

名前お雪にしても昭和時代小説などから出ているようなので実際史料では夫人名はないそうです。

確かな事彼女産んだ子供ジョゼフスザンナであることです。

スポンサーリンク

まとめ

ウィリアム・アダムスという人物については、

・航海術に興味があったことから青年時代は海軍に所属していた事
・海軍除隊後はロンドンの会社で航海士の船長だった事
・妻は2人いた事メアリー・ハインお雪?
・日本に漂着して家康に助けられて船舶建造や外交顧問などで功績があった事
・祖国に帰国できるのに相手とそりが合わず帰国しなかった事

などがげられるでしょうか。

日本漂着して家康助けられたのは幸いですが、14年後になってようやく祖国戻れるのにクローブ号司令官反りが合わない事帰国しなかったのは勿体ない感じましたね。

ウィリアム・アダムスはという人物頑固拘りのある一面があるのかもしれません。

ただ、そんな頑固な一面があるのに外交顧問としての功績残せたのは不思議な気がしますね。

以上、【どうする家康】村雨辰剛さん演じウィリアム・アダムス三浦按針)はどんな人なのかについてでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも初めましてマサと申します。岡山県在住の猫好きな50代のオッサンです。よろしくお願いします。
  *星座:牡牛座

  *血液型:わかりません

  *趣味:ゲーム:読書

     :ウォーキング

目次