対抗心を見せるファーストサマーウイカの清少納言は史実では正反対?まひろ/紫式部のほうが嫉妬していた?

平安神宮
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大河ドラマ【光る君へ】でファーストサマーウイカさんが、ききょう/清少納言をじていますね。

吉高由里子さんじる まひろ/紫式部強気対抗心があるような描かれ方ですが、史実においてはむしろ紫式部のほうが嫉妬していたのではないかわれる文面もあります。

二人実際史実では出会った事もないという従来説もあります。

今回は史実二人が出会った事がないという可能性紫式部のほうが嫉妬していたのではないかというについてれていきます。

スポンサーリンク
目次

史実の二人は出会ったことすらないかも?

清少納言
画像元/イラストAC:トムセン少佐

清少納言代表作「枕草子」で、紫式部「源氏物語」知られているので歴史教科書人物くらいはご存知な方が多いいます。

大河ドラマでは、おそらく ききょうまひろ出会う描かれ方をされるのだと思われます。

史実では断定できませんが、清少納言紫式部直接会ったことあまりなかった可能性があります。

文面でのやりとりあったかもしれません。

何故二人あまりあったことがないのかうと同時代ではあるのですが、宮中二人仕えた人物お互い違い仕えた時期違うからです。

過去の従来説では、おそらく二人仕えた時期違いから面識無い見られていたのだと思われます。

二人が仕えた人物一条天皇中宮ちゅうぐう)となっています。

清少納言仕えたのは藤原定子で、紫式部仕えたのは藤原彰子です。

一条天皇中宮となっていますが、藤原定子1000年長保2年)に中宮から立后されて皇后となっています。

藤原彰子皇后皇太后太皇太后いています。

二人仕えた時期は、、

・清少納言が藤原定子に仕えた時期
993年1000年

・紫式部が藤原彰子に仕えた時期
1006年頃?〜1012年頃?)

上記分かるように二人仕えた時期違います。

清少納言藤原定子内親王出産後亡くなったことから宮仕え辞めています。

1000年頃紫式部又従兄妹またいとこはとこ)にあたる藤原宣孝結婚生活送っていた時期です。

宣孝亡くなり1006年頃には藤原道長要請藤原彰子仕えています。

つまり、清少納言1000年頃には宮中からいないので、従来説では二人は面識はない思われていました。

ただ、清少納言再び宮中戻っている考えられる文面もあります。

角田文衛は、この使者は、清少納言に、定子遺児媄子内親王脩子内親王養育要請したものと推定する。

引用:清少納言 経歴より「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」

角田文衛つのだ ぶんえいとは歴史学者です。

角田氏見解では清少納言藤原定子遺児である媄子内親王脩子内親王養育要請されて宮中って内親王養育したのではないか見ています。

宮中再び戻ったのではないかということで紫式部会ったとも見れますが、具体的資料ないことから、宮中再び戻ったのか?紫式部会ったのかハッキリしません

ドラマと史実では正反対?紫式部のほうが嫉妬していた?

十二単
画像元/写真AC

ドラマでは、ききょうまひろけて強気対抗心見せるような姿勢描かれていますね。

清少納言紫式部二人実際面識あったのか分かりませんが、史実では紫式部清少納言して嫉妬していたような文面があります。

得意げ真名(漢字)を書き散らしているが、よくると間違い多い大した事はない」(「清少納言こそ したりいみじうはべりける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしはべるほども よくれば まだいと足らぬこと多かり」『紫日記黒川本)、
こんな人行く末いいことがあるだろうか(いや、ない)」(「そのあだになりぬる人の果て いかでかはよくはべらむ」『紫日記黒川本

引用:紫式部 紫式部日記 人物表より 「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」

分かりづらいかもしれませんが、紫式部清少納言して心よくない感情をもっていたのは感じとれるのではないでしょうか。

清少納言文面して否定的べていますし、人生の行く末にまで挟んでいます。

紫式部もここまで、清少納言悪く言う必要は無い思います。

これについては憶測ですが平安時代貴族ら価値観影響しているのかもしれません。

この時代平安貴族出世することが一つステータスでしたから、女性の身言え一族社会的地位権力欲していたのかもしれません。

清少納言である清原元輔きよはら の もとすけ)の官位従五位上なので地位としては低いですが少納言地位からすれば妥当地位のようです。

紫式部である藤原為時官位最終的正五位下となっています。

官位だけ見れば、紫式部のほうが上位になるので、紫式部清少納言嫉妬する必要などないことになります。

おそらく憶測になりますが、この当時紫式部一族清少納言官位よりも低かったか無官だったのではないでしょうか。

だからこそ、紫式部清少納言して痛烈嫉妬したのかもしれませんし、見方えれば清少納言才能認めているからこそ劣等感抱き悔しい気持ち表れだったのかもしれないですね。

スポンサーリンク

楽天ブックス
¥1,320 (2024/06/10 01:54時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

まとめ(個人的な意見を交えて)

大河ドラマ対抗心見せ清少納言史実では正反対で、紫式部のほうが嫉妬していた事についてでした。

今回、二人の出会い可能性紫式部のほうが嫉妬していたについてれてみました。

二人出会い可能性については、、

お互い中宮仕えていた時期違うが、清少納言藤原定子遺児である二人内親王養育した可能性があることから、紫式部面識があったかもしれないが、具体的資料無いことからハッキリしない

ドラマ対抗心見せ清少納言史実では正反対紫式部のほうが嫉妬していたについては、、

史実清少納言は、あまり紫式部対抗心もっていないようで「紫式部日記」清少納言痛烈批判していることから紫式部のほうが対抗意識もっていた

以上がまとめです。

最後個人的な筆者の意見ですが、歴史学者角田文衛氏推定した二人面識があった思います。

何故そのように思うかについては、二人代表作出ている時期「紫式部日記」書かれている清少納言しての酷評感じました。

どちらの代表作も、いつ出回ったのかハッキリしませんが、清少納言「枕草子」1000年頃紫式部「源氏物語」1007年頃見られています。

もし、清少納言藤原定子遺児である内親王二人養育要請って宮中不在なら紫式部日記」にあった清少納言する痛烈文面無かったのではないか思うのです。

宮中いない人物批判する人は、そんなにいないでしょうから、おそらく清少納言再び宮中に仕えたのだと思われます。

紫式部完成していたと思われ「枕草子」文面批判していたのではないでしょうか?

一族官位地位での劣等感抱きながら批判だったのかもしれないですね。

以上が、筆者の個人的な意見です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも初めましてマサと申します。岡山県在住の猫好きな50代のオッサンです。よろしくお願いします。
  *星座:牡牛座

  *血液型:わかりません

  *趣味:ゲーム:読書

     :ウォーキング

目次