金曜ドラマ【不適切にもほどがある】時代背景が違うかも?1986年で疑問に感じる事?

TBSテレビ局
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

金曜ドラマ「不適切にもほどがある」が1月26日に放送されましたが、1986年(昭和61年時代にしては背景合っていない部分がある感じました。

38年前の事ですから、筆者うろ覚えなところもあります。

少し疑問感じた点について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

1986年にしては疑問に感じる事?時代背景が違うかも?

「不適切にもほどがある」のドラマで1986年にしては疑問感じる事あるので、いくつかれていきます。

*疑問に感じた事
・貼られているポスターが近藤真彦!
・女学生の髪型は松田聖子?か中森明菜?
・シェイプアップ乱は前年の連載漫画
・千円札が伊藤博文だったのが疑問?

それぞれ、疑問感じた事についてれていきます。

貼られているポスターが近藤真彦!

男性タレント
画像元/イラストAC:ACworks

阿部サダヲさんじる小川市郎部屋貼られているポスター近藤真彦マッチさんでした。

脚本家宮藤官九郎さん視点近藤真彦さん当時人気だと感じていたのかもしれないですね。

ただ、個人的には前の世代のようながします。これだと田原俊彦さんでも良い気がします

SNSでの意見では、86年代チェッカーズ吉川晃司さん人気である見ているようですね。

確かチェッカーズ吉川晃司さん人気ある事筆者認識していますが、個人的には後輩少年隊だったのではないかと思っています。

前年1985年)の12月12日に「仮面舞踏会」レコードデビューしていたので徐々人気が出ていた気がするんですよね。

娘や女学生の髪型は松田聖子?か中森明菜?

女性 髪型
画像元/イラストAC:ACworks

髪型似せていたのかは、分かりませんが、聖子ちゃんカットわれた松田聖子さん中森明菜さんイメージした髪型にしている感じ見受けられました。

人気確かお二人共ありましたが、聖子ちゃんカット前の世代がします。

86年代流行髪型もあった思われますが、ずしも聖子ちゃんカット多いとか、中森明菜さんイメージした髪型多いというでも無かった時代がします。

シェイプアップ乱は前年の連載漫画

コミック連載
画像元/写真AC:himawariin

週刊少年ジャンプ連載されていた「シェイプアップ乱」という漫画1986年(昭和61年あっても、おかしくはないですが連載前年終了しているのでドラマでは、出さなくても良かったのではないか個人的思います。

この当時前年人気のあった「アラレちゃん」連載終了して、鳥山明先生次作「ドラゴンボール」人気であったと思われます。

には「北斗の拳」「聖闘士星矢」なども人気でした。

脚本家宮藤官九郎さん「シェイプアップ乱」好きな漫画だったのかもしれませんね。

作者徳弘正也先生いた「シェイプアップ乱」確か面白い言えますが、現在問題残りそうなのでコンプライアンス違反として引っかかる可能性があると言えます。

千円札が伊藤博文だったのが疑問?

紙幣
画像元/写真AC:魔女

筆者がテレビドラマ視聴していて何となく気づいた事です。

1986年代千円札伊藤博文だった気がします。間違っていたら申し訳ありません。

ただ、1986年代千円札夏目漱石だったはずなのです。

調べ見たところ1984年(昭和59年には、千円札夏目漱石しく変わっているので伊藤博文千円札であるのは不自然かもしれません。

新紙幣から2年経過していますから、存在しているでしょうけど、夏目漱石新紙幣普及していたはずです。

スポンサーリンク

まとめ

それぞれ、疑問に感じた事についてれていきました。

・貼られているポスターが近藤真彦!
当時はチェッカーズや吉川晃司が人気?

・女学生の髪型は松田聖子?か中森明菜?
当時はどちらの髪型が多いわけではない?

・シェイプアップ乱は前年の連載漫画
当時はドラゴンボールなどが人気?

・千円札が伊藤博文だったのが疑問?
既に夏目漱石の新紙幣だった

作品など人気として注目しているのは、人それぞれで違いそうです。

脚本家宮藤官九郎さんは、昭和時代見方緩いのかもしれないですね。

見る人によって多少昭和感違いはあるかもしれませんが、あの時代生きてきた人にとっては、とても懐かしく感じられるのではないでしょうか。

以上、金曜ドラマ「不適切にもほどがある」1986年時代背景疑問感じる事についてでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも初めましてマサと申します。岡山県在住の猫好きな50代のオッサンです。よろしくお願いします。
  *星座:牡牛座

  *血液型:わかりません

  *趣味:ゲーム:読書

     :ウォーキング

目次